メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
マンション漂流

/上 ごみ散乱、隣人無縁 築50年超物件、「管理不全」急増

最上階の共有廊下には大量のごみが放置されていた=神戸市で、西本勝撮影

 たどり着いた最上階の廊下は薄暗く、ごみ捨て場と化していた。

 神戸市近郊の駅から徒歩20分の住宅地にある5階建てマンション。空き缶が詰まった段ボール箱や古着が入った袋が山積みになり、床にはペットボトルが散乱する。剥落した壁や塗装片が積もり、歩くと砂利を踏むような感触が伝わってきた。

 マンションは大阪万博が開催された前年の1969年にできた。現在、20室のうち12室は空き部屋だ。1階に住む男性は、10年近く前に賃貸で入居した。玄関前の廊下には誰かが捨てたソファが放置されたまま。男性は「他の部屋に誰が住んでいるかも知らん。今さら何を言っても無駄」と諦め顔だ。

 近隣住民には困惑が広がる。マンションの敷地には伸び放題の雑草に隠すように、家電製品やスクーターが捨…

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1277文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです