韓国

朴大統領弾劾が現実味 与党内から訴追案40人賛成

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【ソウル米村耕一】親友の国政介入疑惑で退陣要求が高まっている韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領に対する国会の弾劾訴追案について、与党セヌリ党非主流派は25日、国会内で会議を開き、与党内から40人が賛成すると明らかにした。現時点で野党勢力と合わせて訴追案可決に必要な議員数に達した。朴氏の支持率は4%と過去最悪を更新。今後、与野党と与党内でさらに駆け引きが活発化するとみられるが、与党議員らも厳しい世論は無視できないとみられ、弾劾が現実味を帯びてきた。

 訴追案の採決は早ければ来月2日に行われる予定。可決されれば朴氏の職権は停止され、黄教安(ファン・ギョアン)首相が代行することになる。

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文777文字)

あわせて読みたい

ニュース特集