三重

真田信繁の直筆の手紙、公開へ 朝日町歴史博物館

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
三重県朝日町歴史博物館に寄託された真田信繁の書状=2016年11月24日、松本宣良撮影
三重県朝日町歴史博物館に寄託された真田信繁の書状=2016年11月24日、松本宣良撮影

 三重県朝日町歴史博物館(同町柿)は24日、戦国武将、真田信繁(幸村)の直筆の手紙が所有者から寄託されることになり、来年1月14日から一般公開すると発表した。手紙は和歌山県で幽閉されていた時に書かれ、老いへの嘆きを身内に吐露した内容。同館は「信繁の直筆の書状は珍しく貴重な史料」としている。

 同館によると、明治期に実業家が手紙の原本を所有し、東大に写本が残っていた。実業家の死後、原本は約100年間、所在不明になっていたが、県北勢に住む男性が古書店で入手し、専門家が鑑定した結果、原…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集