京都府

「ポケGO」活用へ アプリで隠れ名所紹介

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 京都府は世界的に人気のスマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」などを活用し、普段は取り上げられることの少ない府内の隠れた観光情報を提供する事業に乗り出す。アプリを開発したナイアンティック日本法人を支援をするIT企業「未来ボックス」(横浜市)が開発した位置情報システムを使用。商店街や留学生など「京都観光情報応援大使」に“隠れ名所”の画像や解説を書き込んでもらい、スポットを登録できるシステムを構築する…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

あわせて読みたい

注目の特集