メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HIV感染者

「これはいじめだ」厳しくなる障害年金認定

 HIV(エイズウイルス)感染者への障害年金の認定が厳しくなっている。血液製剤でウイルスに感染した薬害被害者は、年金が生活の糧という人も多く、打ち切りに悲鳴をあげる。【斎藤義彦】

 「これはいじめだ」

 月6万4400円(当時)の障害基礎年金を2014年末から約1年間止められた、薬害エイズ被害者の男性(46)は話す。もともと血友病で18歳のころ、非加熱血液製剤によりHIVとC型肝炎に感染、20歳から年金を受給した。今でも突然、38度の熱が数週間続けて出ることがある。出血しやすく右足首の関節も痛む。体調が改善した実感はない。

 週3日、塾講師をするのがやっとで年収は100万円を切る。同居する80代の親の年金も合わせ「綱渡り」…

この記事は有料記事です。

残り1100文字(全文1412文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏握手の作家ら「ご招待」? 桜井よしこ氏ら 「打ち合わせなし」
  2. 「くれぐれも飲み過ぎない」 ビザなし交流で注意 丸山議員発言で警戒
  3. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  4. コトバ解説 「アフリカゾウ」と「アジアゾウ」の違い
  5. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです