メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筋電義手

安くて軽量、見た目も本物 国産第1号、量産へ

兵庫県立リハビリテーション中央病院が開発した筋電義手を装着してお茶をコップに入れる小寺正健さん=神戸市西区で2016年11月24日、山崎一輝撮影

 兵庫県立リハビリテーション中央病院(神戸市西区)などが開発していた、本人の意思で指を動かせる「筋電義手」が完成、24日夕に装着実験があった。シェアをほぼ独占するドイツ社製の3分の1の約50万円と低価格で軽量、見た目を人の手に近づけるなど生まれつき手のない人や事故で失った人の声を反映させた。来年度中にも量産に入り、国産第1号として販売開始。高価なため利用を諦めていた人たちに普及を図る。

 筋電義手は、筋肉が収縮する際に生じる微弱な電気をセンサーで読み取り、指を開閉させる。「使いこなせる」という医師の意見書があれば購入の際に補助金が支給されるが、訓練用は公費支給の対象外。国産製品はまだなく、ドイツ社製は150万円以上と高価なため、訓練用の義手をそろえる医療機関は限られる。

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文1047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 眞子さま29歳に 延期の挙式、宮内庁「何らかの発表はあろうかと」

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです