萩生田官房副長官

「田舎のプロレス」発言を撤回、陳謝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院TPP特別委員会で民進党の蓮舫代表の質問に答える萩生田光一官房副長官(右)。左端は安倍晋三首相=国会内で2016年11月24日午後2時6分、川田雅浩撮影
参院TPP特別委員会で民進党の蓮舫代表の質問に答える萩生田光一官房副長官(右)。左端は安倍晋三首相=国会内で2016年11月24日午後2時6分、川田雅浩撮影

 萩生田光一官房副長官は24日、衆院議院運営委員会理事会で、野党の国会対応を「田舎のプロレス。ある意味、茶番だ」と批判した発言を撤回し、陳謝した。野党の反発で25日以降の審議日程の決定が遅れ、萩生田氏は「結果として国会審議に影響を与えたとすれば不徳の致すところだ」と記者団に語った。与党からも政権の緩みを懸念する声が出ている。

 民進党など野党4党は24日、国対委員長会談を開き、萩生田氏の発言への対応を協議。社民党の照屋寛徳国対委員長は「プロレスのように跳び蹴りしたい」と強い姿勢で臨むよう主張した。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文650文字)

あわせて読みたい

注目の特集