配偶者控除

201万円まで減税…段階的に縮小

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
配偶者控除の適用拡大のイメージ
配偶者控除の適用拡大のイメージ

 2017年度の税制改正で最大の焦点となっている所得税の配偶者控除の見直しを巡り、政府・与党は24日、控除対象となる配偶者の年収上限を現行の「103万円」から「150万円」に引き上げる方針を固めた。ただ、年収が150万円を超えても、世帯の手取りが急に減らないよう、年収201万円までは控除額を段階的に減らして減税対象とする措置も併せて導入する。

 自民、公明両党は24日、それぞれ税制調査会を開き、年収上限を引き上げる水準として「150万円」のほか「130万円」などの案を検討。「150万円」に強い異論が無く、両党は25日に与党税制協議会を開いて確認する。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文642文字)

あわせて読みたい

注目の特集