配偶者控除

パート世帯にメリット…150万円上限

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女性の就労を妨げる「壁」
女性の就労を妨げる「壁」

社会保険の壁を考慮

 政府・与党が配偶者控除の年収上限引き上げで「130万円」と「150万円」の有力2案のうち、150万円を選んだのは、社会保険料の支払いが生じる130万円では、パート女性らの就労拡大を促すには不十分と判断したためだ。だが、メリットはパートの妻がいる一部の世帯にとどまり、働き方によって税負担が異なることへの不公平感は残ったままだ。【横山三加子、小倉祥徳】

 「配偶者控除の見直しで『壁』を厚くするようなことはやめるべきだ」。24日に開かれた自民党税制調査会では、配偶者控除の年収上限を「130万円」とする案について否定的な意見が大勢を占めた。

この記事は有料記事です。

残り1430文字(全文1708文字)

あわせて読みたい

注目の特集