メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
錦織圭

「アップダウンもあったが充実」 今季振り返り

自身がデザインしたAIRーK4を着ける錦織圭選手(左)とマイケル・チャンコーチ=東京都渋谷区の表参道ヒルズで2016年11月24日、永井大介撮影

タグ・ホイヤーのイベントに出席

 男子テニスのシングルスで世界ランキング5位の錦織圭(日清食品)が24日、東京都内で開かれた時計メーカー「タグ・ホイヤー」のイベントに出席し、今季を「試合数も多くこなせたし、大きな大会での結果もどんどんよくなっている。アップダウンもあったが、充実していた」と振り返った。

 ツアー優勝こそ1度にとどまったが、昨季の世界8位からの浮上と大舞台での好成績を残した今季の錦織。全米オープンではアンディ・マリー(英国)を破って4強入りし、マスターズではマイアミ・オープン、ロジャーズ・カップで準優勝。8月のリオデジャネイロ五輪は3位決定戦でラフ…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文705文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「いじめ許さない、と司法のメッセージを」大津中2自殺訴訟控訴審で遺族訴え

  5. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです