メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

錦織圭

「アップダウンもあったが充実」 今季振り返り

自身がデザインしたAIRーK4を着ける錦織圭選手(左)とマイケル・チャンコーチ=東京都渋谷区の表参道ヒルズで2016年11月24日、永井大介撮影

 男子テニスのシングルスで世界ランキング5位の錦織圭(日清食品)が24日、東京都内で開かれた時計メーカー「タグ・ホイヤー」のイベントに出席し、今季を「試合数も多くこなせたし、大きな大会での結果もどんどんよくなっている。アップダウンもあったが、充実していた」と振り返った。

 ツアー優勝こそ1度にとどまったが、昨季の世界8位からの浮上と大舞台での好成績を残した今季の錦織。全米オープンではアンディ・マリー(英国)を破って4強入りし、マスターズではマイアミ・オープン、ロジャーズ・カップで準優勝。8月のリオデジャネイロ五輪は3位決定戦でラファエル・ナダル(スペイン)を降…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです