連載

デイズ・ショット

毎日新聞デジタルの「デイズ・ショット」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

デイズ・ショット

「統一」への願い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
在日韓国・朝鮮人に「民族寺院」と親しまれている大阪市天王寺区の統国寺に、「統一への願い」をこめて市民団体がベルリンの壁を寄贈したのは1998年のことである。東西冷戦の象徴だった「壁」は崩壊したが、英国国民投票のEU離脱選択や米大統領選のトランプ氏勝利など、世界情勢は混沌の度合いを増しているようにも見える。崔無碍(チェ・ム・エ)住職(65)は「この壁は世界の移り変わりを見つめてきて、みんなが仲良くしてほしいと願っているのではないでしょうか」と話している=2016年11月15日、山崎一輝撮影
在日韓国・朝鮮人に「民族寺院」と親しまれている大阪市天王寺区の統国寺に、「統一への願い」をこめて市民団体がベルリンの壁を寄贈したのは1998年のことである。東西冷戦の象徴だった「壁」は崩壊したが、英国国民投票のEU離脱選択や米大統領選のトランプ氏勝利など、世界情勢は混沌の度合いを増しているようにも見える。崔無碍(チェ・ム・エ)住職(65)は「この壁は世界の移り変わりを見つめてきて、みんなが仲良くしてほしいと願っているのではないでしょうか」と話している=2016年11月15日、山崎一輝撮影

 在日韓国・朝鮮人に「民族寺院」と親しまれている大阪市天王寺区の統国寺に、高さ3・5メートル、横1・2メートル、厚さ25センチの「ベルリンの壁」2枚が運び込まれたのは1998年のことだった。「統一への願い」をこめて、市民団体が寄贈したものという。

 それから18年。東西冷戦の象徴だった「壁」は崩壊した…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文341文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集