メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

東南アジアで増すか? 日本の存在感=ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎

 米大統領選の直後にベトナムを訪れると、トランプ氏が大統領に選出された話題で持ちきりだった。ベトナム人は元々米国への移民が多い。第二次大戦前から越僑と呼ばれ、中国人の華僑と並ぶ移民社会を築いてきた。今も家族が米国に在住している人は多い。ニューヨークにいる娘が、トランプ氏の子供と同じ学校に通うベトナムの友人は「トランプ氏はマスコミで伝えられているような人物ではなく、我々にも感じの良い人だ」と語った。

 ただ、さすがに大統領に選ばれたことは意外だったようだ。特にクリントン氏がオバマ政権の国務長官時代に…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビルから鉄パイプが落下 通行人の男性重体 和歌山

  2. 「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです