メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうする?長時間労働

/中 早帰り推奨、仕事減らず 育児・教育ジャーナリスト、おおたとしまささんの話

 まず、過労死のリスクから語られる長時間労働と、ワーク・ライフ・バランスの観点からみた長時間労働の問題は分けて考えるべきだ。そのうえで、長時間労働問題は業務過多問題。社会として、ここを認めるところから始めたい。

 「日本人は生産性が低い」という論は乱暴過ぎると思う。バブル崩壊、そしてリーマン・ショック以降、企業は人件費を削ってきた。仕事の絶対量が減らなければどこかで妥協せざるを得ないが、労働者は納得いく仕事をしたいがために長時間労働に耐えてしまう。働き手の努力に解決策を求めるのは、乾いた雑巾を絞るよ…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです