メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
どうする?長時間労働

/中 早帰り推奨、仕事減らず 育児・教育ジャーナリスト、おおたとしまささんの話

業務過多改革「諦め」が必要

 まず、過労死のリスクから語られる長時間労働と、ワーク・ライフ・バランスの観点からみた長時間労働の問題は分けて考えるべきだ。そのうえで、長時間労働問題は業務過多問題。社会として、ここを認めるところから始めたい。

 「日本人は生産性が低い」という論は乱暴過ぎると思う。バブル崩壊、そしてリーマン・ショック以降、企業は人件費を削ってきた。仕事の絶対量が減らなければどこかで妥協せざるを得ないが、労働者は納得いく仕事をしたいがために長時間労働に耐えてしまう。働き手の努力に解決策を求め…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文628文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです