メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうする?長時間労働

/中 早帰り推奨、仕事減らず 育児・教育ジャーナリスト、おおたとしまささんの話

 まず、過労死のリスクから語られる長時間労働と、ワーク・ライフ・バランスの観点からみた長時間労働の問題は分けて考えるべきだ。そのうえで、長時間労働問題は業務過多問題。社会として、ここを認めるところから始めたい。

 「日本人は生産性が低い」という論は乱暴過ぎると思う。バブル崩壊、そしてリーマン・ショック以降、企業は人件費を削ってきた。仕事の絶対量が減らなければどこかで妥協せざるを得ないが、労働者は納得いく仕事をしたいがために長時間労働に耐えてしまう。働き手の努力に解決策を求めるのは、乾いた雑巾を絞るよ…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです