メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
明日がみえますか

第1部 マンション漂流/3 リゾート、面影なく

かつて人気を集めたリゾートマンション。外壁の一部が崩れ落ちていた=長野県軽井沢町で、千脇康平撮影

 避暑地として名高い長野県軽井沢町。木立に囲まれた山道を上ると、3階建ての建物2棟が見えてくる。軽井沢で初のリゾートマンションと言われたが、ベランダの壁には亀裂が走り、所々鉄骨がむき出しになった外観にその面影はない。

 マンションは1975年にできた。涼しい気候と静かな環境を売りに、当時は約60平方メートルの部屋が1000万円超で売れた。今は10分の1の価格で売りに出されている。

 登記簿を見ると、全31室の所有者の大半は首都圏に住所があった。不動産会社などによると、部屋の半数が…

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1286文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです