メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シェアリングシティ宣言

ITでシェア 千葉など5市発表

「シェアリングシティ」を宣言する5市の市長ら。「『共助』の力で地域課題を解決したい」=東京都千代田区平河町2で2016年11月24日、錦織祐一撮影

 千葉、浜松、長崎県島原、佐賀県多久、秋田県湯沢の5市はこのほど、「シェアリングシティ宣言」を発表した。モノやサービスが必要な人と提供者をITでつなげる「シェアリングエコノミー」を推進する。人口減少や税収減などの課題に直面する中で、子育てや観光施設の活用アイデアなどをネット上で共有。民間活力を生かした街づくりを目指す。

 IT企業を中心に約120社が加盟する一般社団法人「シェアリングエコノミー協会」(東京都品川区)の呼び掛けで、5市の市長、副市長が24日、都内で記者会見し、それぞれの取り組みを発表した。

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1180文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです