メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訪日外国人

人身事故が増加 交通ルール学ぶ機会が少なく

レンタカーに乗り込む香港からの外国人客=福岡市博多区のレンタカー営業所で2016年10月8日午後5時43分、尾垣和幸撮影

 日本を訪れる外国人が急増する中、訪日客が自動車を運転して人身事故を起こすケースが増えている。中でも顕著なのが韓国など東アジアからの訪日客による事故の増加だ。レンタカー利用が増えた一方、日本の交通ルールを学ぶ機会が少ないことが背景にあるとみられ、識者は「啓発活動が急務」と指摘する。【尾垣和幸】

 警察庁によると、旅行者や中短期の滞在者が利用する国際免許や外国免許所持者による人身事故は昨年216件発生し、現在の統計を取り始めた2012年以降最多となった。国籍別は(1)米国50件(2)香港・マカオ48件(3)韓国35件(4)台湾24件--の順。米国以外の東アジアの4カ国・地域の合計は、12年の37件から昨年は約3倍の107件に急増し、全体のほぼ半数に達した。

 全国レンタカー協会(東京)によると、外国人に人気があり、レンタカーで旅行する人が多い北海道と沖縄県では、訪日外国人のレンタカー利用が、14年の計約11万件から15年は約18万5000件に増加。このうち9割弱を韓国、台湾、香港が占めた。福岡県では福岡空港周辺だけで15年に1万3861件の利用があり、13年の5倍に急増したという。

この記事は有料記事です。

残り972文字(全文1467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 西村担当相の正月休み延長要請が自民に波紋 「解散戦略に影響」

  5. 特集ワイド コロナ禍登場、西村氏とは 目立ちたがり屋 官僚出身、言動は軽率? 総裁選意欲 「お友達」で抜てき?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです