東日本大震災

福島第1原発事故 自主避難者の生活支援 かながわネット設立 /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福島県南相馬市から愛川町に避難した山田俊子さん。自主避難者に住宅を無償で提供する施策が打ち切られることへの不安を語った=横浜市神奈川区で
福島県南相馬市から愛川町に避難した山田俊子さん。自主避難者に住宅を無償で提供する施策が打ち切られることへの不安を語った=横浜市神奈川区で

 主に東京電力福島第1原発事故による県内への自主避難者の生活を支援する「かながわ避難者生活支援ネットワーク」が26日、設立された。県内の自主避難者の当事者団体、支援者団体はそれぞれが独自に活動しており、情報の交換をするための組織と位置づける。この日は住宅やいじめなどの問題について意見が交わされた。

 災害救助法に基づいた避難指示区域外からの自主避難者に住宅を無償で提供する支援策は来年3月末で打ち切られる。4月以降は福島県が家賃の2分の1などの制限をつけて支援を継続する。…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集