メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

第39回大須大道町人祭実行委員長・小寺信男さん /愛知

小寺信男さん

 「ラクダがいるぞ!」。先月15日、名古屋市中区の大須商店街で開かれた「第39回大須大道町人祭」はたくさんの人でにぎわっていた。多くの視線が集まるラクダの背中に乗り、手を振って笑顔を見せていた。

 昨年、祭りの実行委員長に選ばれた。「自分がやるからには話題性を作りたい」。考えを巡らせていると「190年前の江戸時代、大須をラクダが歩いていた」と知人から聞いた。思いついたのが商店街をラクダが歩く「ラクダパレード」だった。

 浜松市天竜区の山奥で生まれ育った。幼い頃は川でイワナを釣ることに夢中になった。中学卒業後は実家の林業を手伝い、木を切る毎日だった。

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文955文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです