メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

無印良品 若者向け「ノーブランド」

東京・有楽町店の外観=良品計画提供

 雑貨・衣料品から食品、家具まで幅広い商品約7000点をそろえる「無印良品」。素材や品質を重視する一方で、手の届きやすい価格の商品づくりを追求してきた。

 1980年、大手スーパー西友のプライベートブランド(PB)として誕生した。コンセプトは、海外の高級ブランド志向を敬遠する若者の増加などを踏まえた「ノーブランド」。「無印良品」というブランド名は、当時西友を傘下に置いていたセゾングループの創業者の堤清二氏やグラフィックデザイナーの田中一光氏らが中心となり、「ノーブラン…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです