メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

無印良品 若者向け「ノーブランド」

東京・有楽町店の外観=良品計画提供

 雑貨・衣料品から食品、家具まで幅広い商品約7000点をそろえる「無印良品」。素材や品質を重視する一方で、手の届きやすい価格の商品づくりを追求してきた。

 1980年、大手スーパー西友のプライベートブランド(PB)として誕生した。コンセプトは、海外の高級ブランド志向を敬遠する若者の増加などを踏まえた「ノーブランド」。「無印良品」というブランド名は、当時西友を傘下に置いていたセゾングループの創業者の堤清二氏やグラフィックデザイナーの田中一光氏らが中心となり、「ノーブラン…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  2. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

  5. 「香港は“1国1制度”に。とても悲しい」 民主派・周庭さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです