メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こだわり・まかない飯

古家庵 サンマと大根の韓国風煮付け

 ◆古家庵(こかあん)

ご飯進む、オモニの定番

 韓国料理店が多い東京・赤坂で、家庭的な味と雰囲気が人気を集める。主人の安貞愛(アンチョンエ)さんは1987年に来日、店を開いて来年で20年を迎える。

 料理は母の味を元に試行錯誤を重ねて安さん自身の味を作り上げてきた。「田舎育ちでお菓子がなく、おやつは畑でした」と笑う。キュウリにナス、ニンジン。生のままかじり、素材の味に親しんだ。

 まかないも安さんが作る。食材の性質を確かめるため、野菜や魚を実験的に調理することも多く、「二度と同…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1127文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 王将戦リーグ 藤井七段が久保九段破り首位タイ 19日に挑戦権かけて広瀬竜王戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです