メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
明日がみえますか

第1部 マンション漂流/4 人任せ、着服7億円

スキー場脇に建つリゾートマンション。管理組合で多額の着服が発覚し、再建への模索が続く=新潟県南魚沼市で、千脇康平撮影

 理事長が管理費や修繕積立金7億円を着服していた--。2014年11月下旬、リゾートマンション「ツインタワー石打」(新潟県南魚沼市)の管理組合の役員が東京のビルに集まった。当初伝えられた着服額は11億円。「そんなにも……」。役員たちは絶句した。

 バブル期の1990年に完成したマンションは全549戸。プールや体育館を備え、1億円前後の部屋が飛ぶように売れた。だが所有者の大半はスキーシーズンしか使わず、管理は任せきりだった。

 98年、当時の管理会社に修繕積立金の流用が発覚した。追及の先頭に立ったのは、所有者で公認会計士の男…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1191文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです