JAL

クリスマス彩るベルスター 演奏の秘密とルーツ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
12月からの公演に向け練習をしているJALのベルスター=東京都大田区の羽田空港で2016年11月、米田堅持撮影
12月からの公演に向け練習をしているJALのベルスター=東京都大田区の羽田空港で2016年11月、米田堅持撮影

 空港のクリスマスをハンドベルの演奏で盛り上げる日本航空(JAL)の客室乗務員(CA)で構成されるベルスターが、来月1日の北海道函館市を皮切りに活動をスタートする。演奏や歴史について追ってみた。【米田堅持】

70個のベルを使い分け

 今年のベルスターは、入社1年目から5年目までのCA8人。演奏で使うのはミュージックベルと呼ばれるハンドベル35種類を2本ずつ70本とすず3個で、1人あたり2本から6種類を分担する。指揮者がいないため、最初に音を出すメンバーが曲のリズムを決める。このため、最初の音出しは緊張するという。

 8人ともピアノなどの音楽経験はあるが、ベルは持ち替える時間が必要なので、音の流れがピアノとは全く異なる。昨年に引き続きメンバーとなった赤波江聖歌さん(25)は「低音のベルは高音のベルより音が出るまでのタイムラグが大きい。昨年は高音担当だったので、低音は鳴りにくいという先輩の言葉を実感している」と話し、2年目でも苦労はあるようだ。

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文1042文字)

あわせて読みたい

ニュース特集