メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド・トレジャー

特派員が選ぶ私の世界遺産 長寿村(イタリア・アッチャロリ) 食と絆が支える老い

アッチャロリ中心部の歩行者専用道路のベンチで談笑するお年寄りたち=福島良典撮影

 長靴の形をしたイタリア半島の足首近く、同国南部は太陽とオリーブの地だ。地中海の温暖な気候と豊かな食文化。南部には住民の15人に1人が90歳以上の長寿村アッチャロリがある。ここでは時間もゆっくりと流れているかのようだ。

 鉄道は通っていない。約30キロ北方の町アグロポリから車で山間と海沿いの道を小一時間走ると、村落が姿を現した。教会前でステファノ・ピザーニ村長(40)と落ち合い、住民が集うバール(喫茶店)に向かった。

 住民約1200人のうち81人が90歳以上。「お年寄りが多いだけでなく、健康なのが大切。アルツハイマーの罹患(りかん)率は低い」とピザーニ村長。村を含むチレント地域の平均寿命は女性92歳(イタリア平均85歳)、男性85歳(同80歳)だ。

この記事は有料記事です。

残り1187文字(全文1514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです