メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和ろうそく

守れ、伝統の灯 復活へ原料栽培 京都市がプロジェクト

大きな炎が特徴の和ろうそく=京都市伏見区の中村ローソクで、岡崎英遠撮影

 室町時代から続く伝統工芸品「和ろうそく」の原料となるウルシ科の樹木「ハゼノキ(ハゼ)」を栽培するプロジェクトが京都市で進められている。すすが少なく仏像を汚さないため、寺などで重宝されてきたが、洋ろうそくの普及や産地を襲った災害などで近年は栽培農家や職人が減少している。実がとれるまでには3、4年かかる見込みだが、関係者は「伝統の灯を消すわけにはいかない」と意気込んでいる。【岡崎英遠】

 和ろうそくはハゼの実の油から抽出した「木(もく)ろう」などを原料にする。炎が大きくて消えにくく、寺…

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文887文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 日本橋 百貨店、新館・改装続々 外国人接客きめ細かく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです