メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「原子力災害、救助法を」 避難者ら、住宅問題など討論 山形 /山形

討論する避難者や支援者=山形市城西町2の市男女共同参画センター「ファーラ」で

 東京電力福島第1原発事故に伴う県内への避難者らによるパネルディスカッションが27日、山形市城西町2の市男女共同参画センター「ファーラ」で開かれた。約80人が来場し、来年3月末で自主避難者への住宅無償提供が打ち切られることなどについて、避難者らの思いに耳を傾けた。

 脱原発を求める市民団体でつくる実行委員会が主催。討論には、福島市や南相馬市からの避難者や県内外の支援者ら6人が参加した。

 川俣町出身で米沢市に避難している高校教諭、佐藤博幸さんは「除染には今年度までに数兆円がつぎ込まれて…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. かんぽ生命と日本郵便に一部業務停止命令へ 金融庁 両社の調査外で不正

  2. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  3. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  4. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

  5. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです