メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

故・瀬谷義彦さん

日立市名誉市民、図書館に寄贈展示コーナー開設 水戸学、市町村史など貴重資料 /茨城

瀬谷さんが寄贈した本が並ぶ展示コーナー=日立市立記念図書館で

 日立市名誉市民で歴史学者の瀬谷義彦さん(故人)が寄贈した約1800冊の展示コーナーが、市立記念図書館(同市幸町)に登場した。すべてを閲覧できるのは12月1日からだが、データ化を終えた図書から先行展示している。

 瀬谷さんは茨城の地方史研究の第一人者として知られる。茨城大教授などを歴任し、1959年に県内初の自治体史となった「日立市史」を執筆・監修。これを契機に県内で自治体史の編さんが盛んになった。水戸藩郷校と尊王攘夷(じょうい)運動の研究でも大きな業績を残し、2015年11月に101歳で死去した。

 図書館によると、生前に寄贈の申し入れがあった。14年3月から7カ月間、4~5人の職員が月に2回ほど…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです