メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一作入魂

長持ちでうまいパン 愛知県小牧市・コモ 榊剛弘さん(53) /愛知

 愛知県小牧市で全国に向けて製造されている不思議なパンがある。香ばしい風味やふんわりとした口溶けとともに賞味期間が35日と、普通のパンの10倍以上も長持ちするのが特長だ。パン製造販売「コモ」の担当者は「災害時にこそ日常の味を食べたい」と話し、非常時への備えとしても注目が集まっている。

 賞味期間が長い秘密は、同社が使用している天然酵母「パネトーネ種」にある。北イタリアのコモ湖周辺だけで採れ、伝統的に受け継がれてきた。発酵時間は10時間と、普通のイースト菌の10倍かかる。だが、できあがったパンの水分は20%と普通のパンの半分以下のため、カビや微生物が発生しにくく、保存料を使わなくても腐らず長持ちするという。

 創業は1984年。イタリアでこの天然酵母の存在を知った創業者の一人が輸入し、日本に招いたイタリア人…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文1098文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです