メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一作入魂

長持ちでうまいパン 愛知県小牧市・コモ 榊剛弘さん(53) /愛知

 愛知県小牧市で全国に向けて製造されている不思議なパンがある。香ばしい風味やふんわりとした口溶けとともに賞味期間が35日と、普通のパンの10倍以上も長持ちするのが特長だ。パン製造販売「コモ」の担当者は「災害時にこそ日常の味を食べたい」と話し、非常時への備えとしても注目が集まっている。

 賞味期間が長い秘密は、同社が使用している天然酵母「パネトーネ種」にある。北イタリアのコモ湖周辺だけで採れ、伝統的に受け継がれてきた。発酵時間は10時間と、普通のイースト菌の10倍かかる。だが、できあがったパンの水分は20%と普通のパンの半分以下のため、カビや微生物が発生しにくく、保存料を使わなくても腐らず長持ちするという。

 創業は1984年。イタリアでこの天然酵母の存在を知った創業者の一人が輸入し、日本に招いたイタリア人…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文1098文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  2. さくらももこさんのカメが静岡の動物園に きょうから公開
  3. 著しく低下するメイ首相の求心力 労働党への譲歩に反発 「即時辞任」圧力強まる
  4. メイ英首相が辞任表明 EU離脱巡り
  5. 滋賀の名神道で多重事故 30人以上けがか 2人意識不明 草津JCT付近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです