メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

相手への敬意を学んだ=大相撲・小結 御嶽海久司関

 小学1年生の時から始めた相撲をアマチュアでは大学まで続けました。その中で、長野県木曽福島町立福島中学(現・木曽町立木曽町中学)の時に相撲の指導を受けた安藤均先生(57)=現・木曽町立三岳中教頭=への感謝の念が大きいです。先生からは「実るほどこうべを垂れる稲穂かな」という言葉を教わりました。

 5年生ごろから隣町の自宅から福島中に通い、相撲部員と練習するようになりました。福島中から木曽町内の木曽青峰高校に進み、相撲に励みました。

 先生は常々「相手は敬わないといけない」と言っていました。相撲は一人では取れません。相手がいないと成り立たない競技です。

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文975文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  4. 「習志野隕石」船橋にも落下していた 7月の「火球」破片、国立科学博物館が確認

  5. 熱血!与良政談 河井夫妻はなぜ辞めない=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです