連載

学校とわたし

著名人が自身の学校生活を振り返ります。

連載一覧

学校とわたし

相手への敬意を学んだ=大相撲・小結 御嶽海久司関

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

御嶽海久司(みたけうみ・ひさし)関

 小学1年生の時から始めた相撲をアマチュアでは大学まで続けました。その中で、長野県木曽福島町立福島中学(現・木曽町立木曽町中学)の時に相撲の指導を受けた安藤均先生(57)=現・木曽町立三岳中教頭=への感謝の念が大きいです。先生からは「実るほどこうべを垂れる稲穂かな」という言葉を教わりました。

 5年生ごろから隣町の自宅から福島中に通い、相撲部員と練習するようになりました。福島中から木曽町内の木曽青峰高校に進み、相撲に励みました。

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文975文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集