メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校と私

相手への敬意を学んだ=大相撲・小結 御嶽海久司関

御嶽海久司(みたけうみ・ひさし)関

 小学1年生の時から始めた相撲をアマチュアでは大学まで続けました。その中で、長野県木曽福島町立福島中学(現・木曽町立木曽町中学)の時に相撲の指導を受けた安藤均先生(57)=現・木曽町立三岳中教頭=への感謝の念が大きいです。先生からは「実るほどこうべを垂れる稲穂かな」という言葉を教わりました。

 5年生ごろから隣町の自宅から福島中に通い、相撲部員と練習するようになりました。福島中から木曽町内の…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文975文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 夜の表参道そぞろ歩き マクロン仏大統領夫妻
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです