メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

就活編 中小企業、アピール活発化

採用について話し合う平野哲也さん(左)と南山和也さん=東京都練馬区のテオリアハウスクリニックで

 労働力減少が見込まれる中、即戦力に頼りがちな中小企業も若者の採用に力を入れるようになった。しかし、中小企業側からは「売り手市場で学生には見向きもされない」との声も聞く。一方の学生側は、就職サイトの大量の情報に翻弄(ほんろう)され、やりたい仕事にたどりつけないことも多い。求められるのは情報の「量」より「質」のようだ。

この記事は有料記事です。

残り1473文字(全文1632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです