メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

過疎の町、特色ある学校模索 鹿児島・肝付に公立中高一貫校

全国から集まった生徒が学ぶ鹿児島県立楠隼中・高校。写真は中学2年の社会の授業風景=鹿児島県肝付町で

 生徒数の減少に悩む過疎地の公立高校が、特色ある取り組みで全国から生徒を集める動きが広がっている。観光や伝統工芸など地域の特徴を生かした授業や、きめ細かな進学指導などをアピールし、都会の生徒や保護者を引きつける。難関大への進学を目標に掲げ、全国初の全寮制公立中高一貫男子校として昨春開校した鹿児島県肝付(きもつき)町の県立楠隼(なんしゅん)中学・高校(秋元達也校長)を訪ねた。

 楠隼中学・高校は旧高山(こうやま)高の校舎と敷地に約48億円で新たに寮などを整備し、新設校として開校した。高山高の3年生が残っていたため、昨年1年間は二つの学校が併存したが、最後の卒業生が巣立った今春、高山高は120年の歴史に幕を下ろした。

この記事は有料記事です。

残り1886文字(全文2195文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  4. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです