ストップ性暴力

女性グループ「もっと普通に性を語ろう」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「性についてもっと女性が主体的になろう」と呼び掛ける(右から)きのコさん、ト沢さん、たかださん、染矢さんの4人=東京都渋谷区神南で2016年11月19日、加藤隆寛撮影
「性についてもっと女性が主体的になろう」と呼び掛ける(右から)きのコさん、ト沢さん、たかださん、染矢さんの4人=東京都渋谷区神南で2016年11月19日、加藤隆寛撮影

プロジェクトがスタート

 女性がもっと普通に性について語れる場を--。「真面目に、楽しく、主体的に」をモットーに、セックスやパートナーとの関係などについて“平温で”語ることを目指す女性グループのプロジェクト「SEX and the LIVE !!」のオープニングイベントが11月19日、東京・渋谷で開かれた。企画した20~30代の女性4人に、ゲストとしてアダルトビデオ(AV)監督の二村ヒトシさん(52)、AV脚本家の神田つばきさん(57)を加えたトークでは、AV出演強要問題も取り上げられた。

 プロジェクトをとりまとめるのは、自身の性被害体験を公表して性暴力をなくすための活動を続けてきた「A-live connect(アライブコネクト)」代表のト沢(うらさわ)彩子さん(29)。性暴力について語ろうとすると「暗い」「堅い」「聞きたくない」といった反応が多いことから、「普通のトーンで気軽に楽しく、性の話ができる場を作りたい」と思い立ったという。イベントでは、なごやかな雰囲気で率直な意見が交…

この記事は有料記事です。

残り4299文字(全文4745文字)

あわせて読みたい

ニュース特集