メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松阪牛

気高きツヤ 三重で品評会

 黒い毛並みと短い角を持つ牛たちが背中や腹をさすられ、審査を受けていく。肉質の良さだけでなく、気品の高さも問われる。

 「松阪牛の中の松阪牛」を選ぶ品評会「第67回松阪肉牛共進会」(松阪市や松阪牛協議会など主催)が27日、三重県松阪市で開かれた。最高賞の「優秀賞1席」を射止めたのは同県多気町の畑敬四郎さん(33)が育てた「ふくはる5」(690キロ)。直後…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  3. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

  4. 公営ギャンブル「1000万円以上の的中」徴税強化へ レース実施者、ネット購入情報提供へ

  5. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです