永田町の目

安倍政権の行く末(1)あるか解散総選挙 カギは北方領土と公明党、そしてトランプ氏

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

政治ジャーナリスト・鈴木哲夫さんインタビュー

 次期米大統領に決まったドナルド・トランプ氏と世界に先駆けて会談を果たし、続けざまにプーチン露大統領との首脳会談を行うなど、精力的に外交日程をこなしている安倍晋三首相。懸案の北方領土問題や環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の行方をにらみながら、早期の衆院解散・総選挙も取りざたされている。政界取材を長年続ける評論家らに日本の展望を聞くロングインタビュー連載「永田町の目」。本シリーズでは、政治ジャーナリストの鈴木哲夫さん(58)に安倍首相の腹の内を探ってもらいました。【聞き手・岡礼子/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り2390文字(全文2669文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい