メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルよもやま話

新しい働き方は名刺から クラウドサービス人気に

既に35万枚の名刺が登録されているという「WANTEDLY PEOPLE」の画面=ウォンテッドリー提供

 社会人として必須のアイテムに名刺がありますが、管理が意外と難しくありませんか。私も年間数百枚の名刺交換をしますが、整理に手がつかないものも結構あります。そうした需要を見越して、インターネットのクラウドサービスを利用して名刺を管理するアプリやソフトが出ています。スマホで読み取った名刺情報をクラウドを通じて社内で共有することが可能で、人気が高まっています。現在、最大手の「Sansan」(東京都渋谷区)は8割のシェアを占めていますが、ビジネスSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手の「ウォンテッドリー」(東京都港区)が11月、人工知能(AI)搭載の名刺管理アプリを発表しました。

 「WANTEDLY PEOPLE」(ウォンテッドリー ピープル)と名付けられたアプリは同時に撮影した名刺を、最大10枚まで即座にデータ化。その情報はSNSのウォンテッドリーの情報と結びつけられ、職歴、学歴などの情報も確認できます。さらにAIが画像情報、文字情報を解析しているため、使えば使うほど、データの認識能力が向上するといいます。ウォンテッドリーの付加サービスとして無料で利用できます。現在はア…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです