メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

青森と新潟、毒性強いH5型検出 計32万羽殺処分

 新潟、青森両県は29日未明、毒性の強いH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出され、感染が濃厚になったとして、新潟県関川村の養鶏場の鶏約31万羽と、青森市の農場で飼育されている食用アヒル約1万6500羽の殺処分をそれぞれ開始した。殺処分後、12月初旬までに埋却処分する。国内での家畜の鳥インフルによる殺処分は昨年1月の佐賀県以来で、国の機関が行うウイルス検出の確定には数日かかる見通し。【米江貴史、宮城裕也、佐藤裕太】

 農林水産省によると、新潟の31万羽は一つの養鶏場での殺処分数としては過去最多規模。同省は29日、専…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです