メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お歳暮商戦

本格化 顧客つなぎとめ、新規取り込み…生き残りへ百貨店、工夫に工夫を重ね /千葉

そごう千葉店特設会場でお歳暮を選ぶ女性=千葉市中央区で

 県内の百貨店でお歳暮商戦が本格化している。9月末には柏駅東口のシンボル的存在だったそごう柏店(柏市)が43年の歴史に幕を下ろし、三越千葉店(千葉市中央区)も来年3月の撤退を控える中、各店舗が生き残りをかけて既存顧客の維持や新規需要の発掘に工夫を凝らしている。【石井遥】

 ■撤退後も

 そごう柏店は、お歳暮の注文を受け付ける「お歳暮ギフトご配送承り会」をスカイプラザ8階で来月11日まで開催している。従来のカタログ送付も継続し、定着していた顧客をつなぎとめたい考えだ。同店の担当者によると、顧客からは「お歳暮(の受け付け)があって安心した」「千葉店までは行けないので助かる」「これからも頑張ってほしい」といった応援の声が相次いでいるという。

 三越千葉店も撤退後は、お中元とお歳暮を受け付ける特設会場を設ける予定といい、担当者は「来年以降も、今までと変わらず利用してもらいたい」と話している。

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです