メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレーボール

女子・ヴィクトリーナ姫路、地域密着でプロ目指す 真鍋新GM抱負 /兵庫

「ヴィクトリーナ姫路」のGM就任が発表され、抱負を語る真鍋政義氏=兵庫県姫路市で、加藤敦久撮影

 姫路市をプロバレーボールの拠点に--女子バレーボールチーム「ヴィクトリーナ姫路」のGMに、女子日本代表監督を長く務めた真鍋政義氏(53)が就任することが28日、発表された。姫路市であった会見で、真鍋氏は日本にプロチームが根付くことへの強い希望と意欲を示した。

 チームを運営する株式会社「姫路ヴィクトリーナ」の橋本明社長は、チームがプロ化を目指せるとした根拠を「姫路の熱い支援や期待を強く感じ、プロチームに必要な地域密着が可能と考えた」と説明。その上…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  3. 女子生徒にわいせつ行為、トイレに落書き「すけべやろう」 教諭ら懲戒処分 千葉県教委

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 委員会出席の区議に職員がお茶出すべきか 14年余も結論出せない豊島区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです