メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

青森の食用アヒルで濃厚 新潟の鶏も疑い

 青森県は28日、青森市の農場で飼育されている食用のアヒルについて遺伝子検査を行ったところ、高病原性鳥インフルエンザの疑いが濃厚な「疑似患畜」と国が判定したと発表した。県は29日未明、農場のアヒル約1万6500羽の殺処分を始めた。24時間以内に完了させる方針。半径3キロ圏内の農場の鳥には移動制限が、半径10キロ圏内には搬出制限がかかる。政府は28日夜、首相官邸内危機管理センターに情報連絡室を設置した。

 同県によると、感染が確認されれば、国内の家畜では昨年1月に佐賀県で発生して以来となる。青森市の農場…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです