特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

最後のミシガン州確定 トランプ氏306人に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン西田進一郎】今月8日に投開票された米大統領選で、勝敗が唯一決まっていなかった中西部ミシガン州は28日、共和党のドナルド・トランプ氏が勝利したとする公式の集計結果を発表した。これで全米50州とコロンビア特別区(首都ワシントン)の勝敗と獲得選挙人数が固まった。次期大統領に決まったトランプ氏は獲得選挙人を306人とし、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官は232人だった。

 ミシガン州当局によると、両候補とも226万票以上を獲得し、トランプ氏が1万704票差で逃げ切った。ミシガン州は1992年以降の大統領選で民主党が「6連勝」していたが、共和党が取り返した。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文518文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集