メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野良猫

熊本地震で増加 登録サイト「ねこでる」開設

サイト「ねこでる」について説明する徳田院長(左)と和泉助教=熊本市中央区の市役所で2016年11月17日午後1時10分、野呂賢治撮影

 熊本地震後に増えた野良猫に不妊手術を施して頭数を抑制しようと、熊本市の崇城大と動物病院が、野良猫の写真と生息場所の住所、不妊手術の有無などの情報を共有できるインターネット上のサイト「ねこでる」(https://neko.today/)を開設した。投稿された情報を基にボランティアらが野良猫を捕獲し、不妊手術をして元いた場所に戻す。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです