メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雪崩

北ア・室堂で大学生3人巻き込まれ1人意識不明

雪崩がおきた現場位置

 29日午前8時25分ごろ、北アルプスの雄山(3003メートル)に登山中の東京工業大の学生6人組のパーティーが室堂地区(富山県立山町)付近で雪崩に巻き込まれたと110番通報があった。県警山岳警備隊員が現場に到着し、6人を確認した。地元消防によると、雪崩に巻き込まれたのは6人のうち3人で、男性1人が意識不明の重体、別の男性1人が低体温症の疑いがあり、もう1人は無事という。

 富山県山岳遭難対策協議会がインターネットで提供する「立山室堂山岳スキー情報」によると、27日にも室堂付近の北東向き斜面で比較的大きな雪崩が発生していた。29日午前8時現在、室堂平(標高2450メートル)の積雪は70センチで、前日からの24時間で6センチの新雪があり「非常に危険な状態」として、登山者らに慎重な行動を促していた。

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです