鳥インフル

新潟・青森32万羽処分 鶏・アヒルにH5型

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新潟、青森両県は29日未明、毒性の強いH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出され、感染の疑いが濃厚になったとして、新潟県関川村の養鶏場の鶏約31万羽と、青森市の農場で飼育されている食用アヒル約1万6500羽の殺処分をそれぞれ開始した。殺処分後、12月初旬までに埋却処分する。国内での家畜の鳥インフルによる殺処分は昨年1月の佐賀県以来で、国の機関が行うウイルス検出の確定には数日かかる見通し。

 農林水産省によると、新潟の31万羽は一つの養鶏場での殺処分数としては過去最多規模。同省は29日、専門家らを現地に派遣してそれぞれの感染経路の調査に着手する一方、両県は半径3キロ圏内の家禽(かきん)の移動制限と10キロ圏内の搬出制限をかけた。これらの制限は青森で7農場約40万羽、新潟で59農場約50万羽に上る。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文826文字)

あわせて読みたい

ニュース特集