メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフル

鳥同士、強い感染力 防疫体制徹底を呼びかけ

移動などの制限がかかった半径10キロ圏

 青森、新潟両県は28日深夜から29日未明にかけて、青森市の農場で飼育されている食用アヒルと、新潟県関川村の養鶏場の鶏について遺伝子検査を行い、いずれも毒性の強いH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが事実上検出されたと発表した。これを受け、青森県は農場のアヒル約1万6500羽、新潟県は養鶏場の鶏約31万羽の殺処分を開始。それぞれ24時間以内に殺処分し、72時間以内に埋却か焼却処分する。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 夢は人工臓器開発 ベルギーの9歳、オランダ名門大卒業へ

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです