宮崎県

3年連続、物価安日本一 群馬県と同率

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 宮崎県統計調査課が発表した2015年の県の平均消費者物価地域差指数は全国平均の100を下回る96.4で、物価水準は都道府県の中で3年連続で最も安かった。

 この指数は、総務省統計局の小売物価統計調査(構造編)に基づき、物価水準の地域間の差を数値化して表した。宮崎県は群馬県と同率で、鹿児島県の96.7が続いた。最も高かったのは東京都の104だった…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

あわせて読みたい

注目の特集