ヒューマンライブラリー

人を「本」として借りてみた

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「本」になった人たちのポートレートが並ぶ=東京都中野区で2016年11月27日、中嶋真希撮影
「本」になった人たちのポートレートが並ぶ=東京都中野区で2016年11月27日、中嶋真希撮影

 「今日しか読めない本(ヒト)がいる」--。人を「本」に見立てて読者に貸し出す「ヒューマンライブラリー」が27日、明治大学の中野キャンパスで開かれた。義足ランナー、全盲の大学教授、同性愛者、イスラム信者など34冊の「本」が貸し出され、300人の読者が対話を楽しんだ。

 性的少数者や障害者、ホームレスなどの人々を「本」として貸し出すヒューマンライブラリーは、2000年にデンマークのロックフェスティバル「ロスキルド・フェスティバル」で行われたのが始まり。日本では2008年から東京大学先端科学技術研究センターなどで開催されるようになり、09年から明治大国際日本学部横田ゼミナールも学生が企画して始めた。今年で8回目。長く続けている団体は珍しいという。

この記事は有料記事です。

残り1042文字(全文1366文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集