メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再審請求

大阪・個室ビデオ店放火 死刑囚側が新証拠

放火で16人が死亡したビデオ店の現場の見取り図

 大阪市浪速区の個室ビデオ店で8年前、客の16人が死亡し、4人が重軽傷を負った火災で、殺人や現住建造物等放火などの罪で死刑判決が確定した小川和弘死刑囚(55)が、裁判をやり直す再審を請求していることが分かった。弁護団は、出火元とされた場所とは異なる部屋が何らかの原因で先に燃え始めた可能性がある、との新証拠を提出。再審の可否を検討する審理は、大阪高裁で行われている。

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文968文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 被災後初の週末、ボランティアは予想以下 大雨で途中撤退も 長野市

  4. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです