おひとりさま

商戦過熱 1人前調味料、売れ行き好調

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
スーパーの鍋調味料のコーナーでは、「プチッと鍋」や「鍋キューブ」などおひとりさま向けの商品の販売が好調だ=東京都足立区で浜中慎哉撮影
スーパーの鍋調味料のコーナーでは、「プチッと鍋」や「鍋キューブ」などおひとりさま向けの商品の販売が好調だ=東京都足立区で浜中慎哉撮影

 増加する若者や高齢者の単身世帯を狙った「おひとりさま」商戦が熱を帯びている。食品メーカーは家族向けが多かった鍋の調味料などで1人向け用商品を相次いで発売。外食でも同様の動きが広がりつつある。少子高齢化で国内市場の拡大が見込めない中、生活様式の多様化に細かく対応することで、販売増につなげたいとの思惑がある。【浜中慎哉】

 食品メーカーで目立つのが1人用の鍋の調味料だ。これまで家族向けの大容量商品が多かったが、エバラ食品工業は1人前分の濃縮液体調味料「プチッと鍋」の販売に注力。今年1月には栃木県の工場に専用の製造ラインを新設した。シリーズ全体の2016年度の売上高目標に、前年度比3割増の35億円を掲げる。味の素も1人前分の固形型調味料「鍋キューブ」が好調だ。8月から1人前ずつ包装した鍋つゆ「こなべっち」シリーズを発…

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1246文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集