メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

4者トップ級会合の全文(1)

 国際オリンピック委員会(IOC)のコーツ副会長、東京都の小池百合子知事、大会組織委員会の森喜朗会長、丸川珠代五輪担当相による2020年東京五輪の開催費用の見直しを協議する4者のトップ級会合が29日、公開で行われた。組織委は大会予算「2兆円を切る」と初めて公式に表明したが、コーツ副会長は「もっと削減できる」と迫った。やりとりは次の通り。

 コーツ 今回の会議は公開ということになっている。会議全体が公開ということになっている。我々のプレゼンもそれから議論も、結論部分もすべて公開だ。今回の会議だが、4者協議、ポリティカル・ワーキング・グループ・ミーティングと呼んでいるが、これはIOCのバッハ会長が提案してつくられたものだ。10月にバッハ会長が来日したときにいろいろ知事と話し合いした際に彼女のところに東京都から調査委の報告がわたっている…

この記事は有料記事です。

残り5595文字(全文5964文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  3. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです