東日本大震災

福島第1原発事故 飯舘の女性自殺、東電が争う姿勢 損害賠償訴訟初弁論 /福島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故後に自殺した飯舘村の80代女性の長女夫妻が、避難を余儀なくされたことが自殺の原因として、東電に慰謝料など約6200万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が29日、福島地裁(金沢秀樹裁判長)であった。東電は請求棄却を求めた。

 訴状によると、女性は原発事故翌月の2011年4…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

あわせて読みたい

注目の特集