メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

許さない

性暴力の現場で/1 男性被害者 信じてもらえぬ苦しみ /群馬

中学で受けた行為の意味。21歳の時わかった

 あの時、何年にもわたって受けたのは性犯罪だった--。

 関東地方に住む30代のイツキさん(仮名、男性)がそう気づいたのは21歳の時だ。きっかけは、引きこもりや不登校など生きづらさを抱えた人の集まりで、初めて中学時代に受けた被害体験を打ち明けた時のこと。「それって性犯罪被害だよね」。参加者の一言に、心のもやもやが晴れ、納得した気がした。あれを暴力やいじめというには違和感がずっとあった。でも、それもほんの一瞬。ふつふつとわいてきたのは、悔しさ、恥ずかしさ、そして、今まで以上に強い加害者たちへの怒りだった。

 小学1年の時、担任から「給食を食べるのが遅い」といった理由でなじられた。やがて担任に命じられたクラ…

この記事は有料記事です。

残り1400文字(全文1724文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです